Tokyo Dad’s Life

経理職のアラサーリーマンパパ(ミニマリスト)が運営するブログ。資産形成・インテリア・子育て関連の情報発信をします。

「夢をかなえるゾウ」が教えてくれた育児に活かしたい考え方

f:id:atlanchos:20210421074709p:plain

 

こんにちは、ちょすです。

 

今回で記事数が30を迎えました!いつも読んでくださる方々、本当にありがとうございます。

 

さて今回は、私の愛読書の「夢をかなえるゾウ」を、父になって改めて読んだところ育児で活かしたい考え方があると思ったので記事にしてみました。

この記事で「夢をかなえるゾウ」が気になった方がいれば嬉しいです。

 

 

「夢をかなえるゾウ」とは?

ドラマ化されている有名な本なので、ご存知の方も多いと思いますが、改めてどんな本か紹介します。(1〜4までシリーズがあります。今回の記事は1について書いています。)

 

〜あらすじ〜

お金持ちになりたい、有名になりたいという成功願望を持つサラリーマンの主人公の前に、ガネーシャという関西弁のふざけたゾウの神様が現れます。そして、このガネーシャが出す課題に、主人公が毎日取り組むことで成功に近づいていく、というお話です。

いわゆる自己啓発本ですが、神様なのに承認欲求の塊であるガネーシャのキャラクターと、ガネーシャ登場人物とのやりとりが面白くてどんどん読み進められます。自己啓発というと読むのにちょっと抵抗を感じてしまう方でも気軽に読むことができる本だと思います。ナポレオン・ニュートンビルゲイツ等の歴史上の人物の事例から、成功するために必要な法則を教えてくれる本です。

 

印象的だった内容

私の中で、この本の最も印象的だった内容を2つ挙げた上で、そこから子育てに生かしたい考え方について話します。

 

①人生を変える2つの方法

成功したい、変わりたいと願う主人公に、ガネーシャは人が変わるための2つの方法を提示します。

 

1つ目は、不幸に身置くこと

「巨大な借金を背負うといった不幸は、人生を劇的に変える原動力になる。」とのことでした。でもこれは現実的には起きて欲しくないですね・・・。次に進みます笑

 

2つ目は、誰かに才能を認められること

「誰かに才能を認められることで、人は働くことが楽しくなり人生が大きく変わる。」とのことでした。そしてこの本には、人に才能を認められる方法として「応募する」ことが大切だと書かれています。応募は、面接・資格試験・オーディション・コンクール等の人に評価される場に身をおくことを指します。 

 

個人的にこの「人に評価される場に身をおくことは人生を好転させる可能性がある」という考え方はとても好きです。試験や人前に立つことは緊張しますし、低評価だったらどうしようと思って嫌煙しがちです。しかし人生が好転するきっかけにもなりえると思うと挑戦しようという前向きな気持ちを持つことができます。

 

②成功するために最も大切なこと

ガネーシャは主人公に、成功するために最も大切なことは「感謝すること」だと言います。

 

お金持ちになりたい、有名になりたいといった願望の対象である「お金」や「名声」は自分で手に入れるものではなく、人に感謝されてはじめて自然な形で手に入るもので、足りないから欲しいと思えば思うほど自分からは遠のいていくものだと書かれています。自分は満たされている状態だと感謝してはじめて、他の人の足りない部分に気付き、人に何かを与えることができるとのことでした。

 

「自分は満たされていると感謝してはじめて、人に何かを与えられる。」という考え方は個人的に非常に刺さる言葉でした。私も〇〇が欲しい、といった願望に目を向けがちな人間でしたが、周りの人たちや環境に感謝をして自分は十分に満たされているんだという考えを持つようになりました。

 

子育てに生かしたいこと

f:id:atlanchos:20210410175555p:plain

私は、子供にお金持ち・有名になって欲しいと強く願っているわけではありません。しかし、自分のやりたいことをやって幸せに生きてほしいと思っています。そして幸せになるためには、少なからず「お金」と「誰かに認められること」が必要だと考えています。

子供が将来人に何かを与えられるような人間になってほしいという願いから、この本を読んで子育てに生かしたいと思ったことを話します。

 

①才能に気付くこと

「才能を誰かに認められてもらうことで人生が変わる。」という教えから、子供の行動をよく見て、子供が好きなこと・得意なことをに最初に気付き、認めてあげられる親になりたいと思いました。その上で、(ただの親バカにならないように)子供が人に評価される機会への挑戦をサポートできるようにしたいと考えています。

 

②愛情を伝えること

「自分は満たされていると感謝してはじめて、人に何かを与えられる。」という教えに対して、満たされている実感には親の愛情が占める部分も大きいのではないか、と思いました。どんな状況でも味方でいるということを伝え続け、満たされている実感を持ってもらえたらいいな、と思います。

 

おわりに

今回は、夢をかなえるゾウについて語ってみました。とても好きな本なので熱くなりつい長くなってしまいました笑。

 

実際に私も、この本を読むことで、人に評価される場に身を置くこと(就活・プレゼン・昇級試験・転職活動・ブログ等)のプラスの側面に目を向けてチャレンジしよう!と思えたことが多くあります。

 

どんな方にも刺さる考え方が書かれているのではないかと思いますのでおすすめの本です。

 

お読みいただきありがとうございました。